会社・法人

会社・法人

取締役会を設置しない会社の定款記載事項

定款は、会社の組織・運営・管理に関する事項を定めた会社の憲法です。
定款に記載すべき事項は、絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項の3種類に分類されます。


1 絶対的記載事項

事業内容

会社の名称

本店所在場所

発起人が設立に際して出資するお金の額またはその最低額

発起人の氏名および住所

会社が発行する最大株式総数


2 相対的記載事項

例:株主総会、取締役以外の機関(取締役会や監査役)の設置

  会社が公告する方法 ※一般的には官報公告を選択します。

  株券を発行するかどうか

  株式の譲渡を知り合いに限定するなどの制限をかけるかどうか

  取締役、監査役の任期を10年などに伸長するかどうか

  会社を代表する取締役


3 任意的記載事項

例:定時株主総会の開催時期

  株主総会の議長

  会長、社長、常務等役付取締役に関する事項

  事業年度


株式会社の場合には、定款を公証役場で公証人に証明(認証といいます。)してもらいます。

会社の定款に関することはお気軽に司法書士堀明子(horiakiko@lawhelp4u.com)にお問い合わせください。