FAQ よくあるご質問

FAQ

正直、どの専門家に頼めばいいか分かりません。どのような場合に司法書士に依頼すればいいのでしょうか?

「弁護士」、「税理士」が何をやる仕事かなんとなく分かるものの、「司法書士」と「行政書士」の違いについて、よく分からないという方は多いと思います。

司法書士と行政書士の業務の違いについて、よく分からない主な原因の一つとして、「司法書士と行政書士では、行う業務がよく重なる」というのがあげられます。しかし、個別具体的に比較してみると、違いがよく分かります。

遺言書(公正証書遺言書や自筆証書遺言書)の作成は、司法書士、行政書士、どちらも行うことができます。

 亡くなった方の戸籍謄本等を収集し、相続人の調査、確定は、司法書士、行政書士どちらも行うことができます。

 遺産分割協議書の作成は、司法書士、行政書士どちらも行うことができます。

 相続登記(亡くなった方が所有していた土地や家、マンションの名義を、相続人に変更する手続き)は、司法書士のみできます。(ちなみに税理士さんも相続登記はできません。)

 定款の作成、公証人役場での認証手続きは、司法書士、行政書士、どちらも行うことができます。

 法務局(登記所)に対する、会社設立の登記手続きは、司法書士のみできます。

 参考までに、行政書士のみできる業務の一例を挙げますと、飲食業許可や建設業許可などの役所に対する許認可手続きや在留資格認定証明書交付申請などの外国人の手続きなどがあります。

 この場合は司法書士に頼めばいいのかそれとも他の専門家に頼むべきなのか迷われたときは是非お問い合わせください。司法書士ではできない業務だったとしても、適切な専門家が誰なのか、お答え致します。

さらにご希望があれば、当事務所が提携している専門家をご紹介致することも可能です。