FAQ よくあるご質問

FAQ

家族が認知症の場合、相続手続きはどうすればいいのですか?

遺産をどのように分けるか話し合う遺産分割協議の内容を、認知症がある程度進んでいる人は、理解することができません。体は元気だからといっても、理解できないまま遺産分割協議書に名前を書いて実印を押した場合、そのハンコは無効です。しかし、認知症の家族のハンコなしでは手続きを進めることができません。その家族の代わりにハンコを押す人を立ててもらう制度が『成年後見制度』です。

 成年後見人は、家庭裁判所で選任してもらいます。選任をしてもらうためには、家庭裁判所へ成年後見制度の利用を申し込む必要があります。