ブログ

ブログ

権利と義務は表裏一体

司法書士事務所を開業し、独立しました!


時間も自由で、自分のペースで仕事ができます!

これ、開業してからよく言ってます。

今でも、言います。



人に話す時はいいことの方を言うことが多いけれど、

でも、本当はいいことばかりじゃありません!!



「自分の名前でやっていく」ということは、

責任の重いことです。


ある案件を受任したら、

受任できて良かったね。だけでなく、



どういう風に仕事を進めていくのか

不確定要素としてはどういうことが起こると考えられるのか

それに対して自分は司法書士としてどのように対処すべきなのか

司法書士の職務として問題はないか、など



完了した書類を渡すその終わりの時までを

現時点でシュミレーションし、



途中途中にも


今までの自分の処理の仕方を振り返り、

変更された事実や予測できなかった事実などを

どのように司法書士として対処すべきなのか

再度、見直しをして、方向性が間違っていれば、修正しながら、

仕事を進めていきます。



考えたようにうまく対処できることばかりではありません。



予想もできなかったような出来事が起こったり、

違う判断の方が良かったんじゃないかと悩む時もあります。



でも、どんな時も「こういう判断で、処理しました。」と

説明責任だけは果たせるように心がけています。



自由の幅が広がれば、

それだけ負担も重くなる訳です。



学生の頃は「早く大人になりたいな~

自分で判断できるし~。

やりたいことが思う存分できる!!!」と考えていたことは

今では甘ちゃんだったな~と思ってます。



選択肢の幅は狭くても、

親に任せておけば、自分は守られてきました。


大人になるって、甘くない!!!


でも、いいこともたくさんある訳で。


「司法書士」とか、

「社長」とか、

「会長」とか、

肩書きがついたり、「長」と名が付いたときには、



権力だけを振りかざすことはできなくて、

果たすべき責任がついて回ると考えます。



権利というのは、

義務を果たしてこその権利なんだと、

常々実感していますビックリマーク