ブログ

ブログ

信じるものは救われない!?

フツーは「信じるものは救われる」ですが、

仕事を進めていく上では、あまり「信じ」ません。

例えば、「友人がこう言ってたから」って、登記申請して間違っていた場合、

法務局に「友達が言ってたんですよ!!」って言ったら、

司法書士としての信用なくします。

「法律にはこう書いてあるので、

私はこういう風に解釈して、申請しました。」って言えば、

法務局だって納得しますよ。

「そうかもしれないけど、そういう運用になってません。」とかね。

人が言ったことは鵜呑みにせず、絶対根拠を探します。

根拠がなくても、自分なりに「理屈」を組み立てます。

普段から「自分の頭で考える」ってことは大事だと思ってます。