ブログ

ブログ

肢別の勉強にもこだわる。

司法書士試験は、

マークシート形式が午前・午後各35問が出題されますが、

その1問、1問は5つの肢で構成されています。


解答の選択の仕方としては、


①肢毎の組合せ問題→アイ アウ イウ イエ ウエなど

②合っている肢の数はいくつか→1個 2個 3個 4個 5個

③学説問題→○○という考え方と△△という考え方があるが、

         ○○の考え方を取るものの組合せはどれか。

だいたい、こんな感じです。

もちろん、全部わかればそれにこしたことはないのですが、

憲法、民法、刑法、会社法、民事訴訟法、民事執行法、民事訴訟法、

司法書士法、商業登記法、不動産登記法、供託法の

全ての条文を完璧に覚え、かつ、学説も全部理解するなんて、

私にはムリですショック!

そんな私が取ったのは、

普段の勉強では

選択肢のア~オまで分解して、

      ひとつひとつの選択肢を丹念に理解することです恋の矢

問題の出し方としては、

上の例でいう①の問題の出し方が多いのですが、

それだと肢が3つわかるとほとんど答えが出ちゃうんですよ。

もちろん!!

試験では、それが重要ですけど、

勉強という練習の時からそれじゃいかん!!と思って、

解答の組合せは見ず、

一つ一つの選択肢を

「よく読んで、法律のどの条文に当てはまるか」

そして、それを私は

1.「知ってたけど、答えを忘れちゃったのか」

2.「知らなかったのか」

3.「知ってたけど、間違って覚えていたのか」



どれに当てはまるかを常に考えて勉強してました。

で、

1.だったら、「それはしょーがない、そういうことはあるさ、次は忘れないようにしよう」

2.だったら、「それも仕方ない。範囲が広いから、知らないこともあるさ。知っとこ」

3.が一番タチが悪く、

「これは重症汗 どこで間違えて覚えちゃったのか」

「何かとごっちゃになってたのか」

「自分の人生観からは納得できないからなのか」

何度も何度も原因を究明して、

その考え方ができるよう受験仲間と話し合ったりして、

意識するように心がけてました目

模試を受けるときも

これも練習のうちなので、

肢ごとに上の「1.2.3.」のどれ当てはまるかを考えて試験を受けてました。

模試は専ら時間配分の練習を兼ねた肢別勉強の手段でした。

だから、点数が悪くてもたいして気になりませんでした。

それが、「テストの点数は気にしなくていいんだよ。」って言う理由なんだと

私は勝手に理解してます。