ブログ

ブログ

理解するって集中して考えること。

まずは司法書士試験でも一番問題数の多い民法から
基本書を読み始めました。

私の本を読むときのスタイルは、
最初の一回目は分からないところがあっても、
最後まで読み終えるスタイルを取っていました。

次の二回目は分からないところがあれば、
辞書を使いながら、読んでいきました。

二回も読めば、さぞかし理解できて答練でも、
すばらしい成績が収められるだろうと
期待していたのですが、
実際は、大してよい成績は取れませんでした。

でも、初めての時よりはマシでしたけど。。。

科目別答練は、20問の出題でしたが、
10問正解できれば、いいほうでした。

本を二回も読んだくせに、
そんな成績で実際がっくしでしたしょぼん

だんな様に「アドバイス通りやっているのに
どうして、成績が良くならないの?」と
訴えると、だんな様は、

「本を読むとき、ちゃんと集中してる?」と聞かれました。
「文字を見ながら別のことを考えていたり、
意識していないと、単に文字だけ目で追ってる状態に
なっちゃうんだよ。

だから、いつも自分に理解しているか自答しながら、
読まないと時間の無駄だよ。」と言われました目

確かに、私は「本を読んだ」つもりではいましたが、
「理解していたか?」というと、ギモンでした。

それを言われてからですね~、
私が勉強するということがどういうことか
分かり始めたのは。。。

そこからは他の科目の基本書も
気をつけて読むようになり、
成績も少しずつ良くなり始めました。

といっても、20問中、15問正解すれば
いい方でしたけど。。。

でも、司法書士試験まではまだ半年くらいあったので、
「大丈夫、きっと受かるよ。」と
自分を励ましていました!!

本当に二年目はよく勉強しましたよ~叫び

執念でしたね(笑)