ブログ

ブログ

択一は3分経ったらできあがり。

答練は、練習だ。って、いつも頭でわかっちゃいますが、

そーは言っても、点数は気になりますしょぼん


さすがに本試験まで6ヶ月を切ったし、

周りの雰囲気も徐々に盛り上がってくるし、

先生たちには発破をかけられるし、


問題を解き始めて「。。。」になって、考え込んじゃうことも。


でも、最近の試験の傾向として

書式の論点が盛りだくさんで

そちらで時間をかけたいこちらとしては

択一の時間配分がホントーに重要になってきます。


私は択一を解くときには『一問3分!!!』と決めていましたグッド!


一問3分ってことは

一問の択一には肢が5つあるので、

単純に言って、肢一つ解くのに時間は36秒しかないです。

(初めて計算しました。)


一問3分でも択一は全部で25問だから

トータルで1時間15分かかるわけです叫び


書式にはできるだけ時間をかけたいけど、

見直しの時間も欲しいし、

ってなれば、択一にかける時間はこれでも精一杯です。


だから普段からじゃんじゃん解いていくクセを

付けといた方がいいなと思って、

いつも時間を気にしながら答連に望んでいましたひらめき電球


おかげさまで点数を気にするよりも

「今回はどうしてこんな時間がかかっちゃったんだろ。」って

そっちの方が気になっていました。


本試験はただでさえパニックになるので、

普段からシステマチックにこなすよう心がけていましたねチョキ